窯でできること

ビラパワの窯直径は約120センチ。

ピザを焼く以外にもオーブンとしての機能も素晴らしいです。遠赤外線ばっちり!

ピザを焼いているときは300度を超えていますが、ゆっくりと下がる熱を利用して

グリル料理、蒸し料理、お菓子作り、燻製等々、様々な挑戦をしてきましたが、

どれもこれも、窯の魔力で間違いなくワンランク上のおいしさになります。

そして、お店にあったらいいなと思うものを少しずつ、出しては引っ込めしてきました。

めでたく、燻製チーズは定着しました。

この冬は、こだわりと気が多いマスターが、窯焼きいもに燃えました。

大量生産はできませんが、これからもおすそわけ程度に頑張っていきたいと思っています。

夏にはトウモロコシをそのまま焼いて

まぼろしのカルツオーネ。おいしかったのですが手がかかりすぎ断念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)